【年間約12万円も節税!】医者は確定拠出年金に入っておくべき!

Sponsored Link

最近年収が大幅に増えたので、節税を気にしています。

不動産投資などはする気がないので、別の方法で調べていました。

まあ、そんな一般サラリーマンにタックスヘイブン的な節税は存在しないだろうなと思っていたら、たまたま見たブログで確定拠出年金という言葉を知りました。

最近結婚したし、生命保険でも入ろうかなーと思っていたところでの記事だったので読んだのですが、この記事の中で「確定拠出年金」という言葉が出てきました。

「??聞いたこともない」と思い、調べてみると医者くらいの収入にぴったりな節税方法ではないかと思いました。

今回は調べてみた結果を簡単にまとめた記事です。

確定拠出年金がなんで医師に向いているのか?

単純に年収が高いからです。

こちらのサイトがわかりやすく説明しています。

しかし、確定拠出年金(個人型)は全額が所得控除となります。例えば、年276,000円(月23,000円)を支払っていたら、276,000円の全額が所得から減り、それに対応した所得税・住民税が減ります。

住民税額は基本的には所得の10%に均等割・調整控除を加減算して決まりますが、自治体によって異なる場合があります。所得税率は下表のとおりです。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0
195万円を超え330万円以下 10% 97,500
330万円を超え695万円以下 20% 427,500
695万円を超え900万円以下 23% 636,000
900万円を超え1,800万円以下 33% 1,536,000
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 2,796,000
4,000万円超 45% 4,796,000

毎月拠出する掛金が大きければ大きい程、収入(所得)が高ければ高いほど節税効果は増幅します。 以下の表は、所得税では復興特別税は考慮せず、住民税は10%とした場合の概算額です。

課税される所得金額 所得税減税額 住民税減税額 合計
1,950,000 -13,800 -27,600 -41,400
2,500,000 -27,600 -27,600 -55,200
5,000,000 -55,200 -27,600 -82,800
8,000,000 -63,480 -27,600 -91,080
13,000,000 -91,080 -27,600 -118,680
30,000,000 -110,400 -27,600 -138,000
45,000,000 -124,200 -27,600 -151,800

http://matsunosuke.jp/defined-contribution-plan/#iより

ぼくの2016年の収入は1400万円ほど。いろいろ差っ引かれて課税所得は1000万円だとします。

課税所得1000万円の場合、税率は所得税(33%)と住民税(10%)を合わせて税率は合計で約43%です。

上限の年27万6000円の掛金を支払うと、節税額は

1年で118,680円、30年で約355万円

になります!

生命保険でも税金の控除は最大40,000円です。全然違いますよね。

確定拠出年金は所得税率が高い(年収が高い)人たちに恩恵を受けやすい制度のようです。

デメリットもある!

もちろんデメリットもあります。簡単にあげると以下があります。

  • 手数料
  • 特別法人税
  • 60歳まで原則解約不可能
  • 給付額が少なくなるリスク

まとめ

ぼくは資料請求をすることにしました!

元本保証のプランもあるため、節税のため始めようと思います!

また詳細がわかれば記事にしたいと思います。

 

Sponsored Link