花粉症に効果的!医師が教える鼻うがいの簡単なやり方まとめ

Sponsored Link

インフルエンザの最流行期に突入しましたが、同時に花粉症の患者さんも多くなってきました。

今回は花粉症の方がやると爽快になれる鼻うがいのやり方についてまとめました。

鼻うがいって?

鼻うがいとは鼻洗浄とも言ったりします。

その名の通り、鼻から洗浄液を吸い込み、口から吐いて、鼻腔内(鼻の中)を洗浄することです。

水が鼻から入るので、ツーンとするのではないかという心配をされる方もいますが、適切な方法でやれば全く痛くありません。

むしろ鼻腔内に溜まった花粉などを流せるので、花粉症の方もすっきりして夜間よく眠れるようになります。

鼻うがいの洗浄液の作り方!

20160214132907

市販の洗浄液も増えてきたので、それを購入しても良いです。

ただ、値段もかからないし、簡単なので、自宅で作ってしまう方が個人的にはオススメです。

洗浄液を作る

まずは洗浄液の作り方です。

必要なもの

  • 水(水道水)
  • 食塩

以上です。(笑)

まずは水道水を使う分より少し多めに鍋に入れ、お湯を沸かします。

沸騰させ、殺菌やカルキ抜きを行います。

その後、体温(37℃)くらいまで冷ましてください。

冷ました水を200mlに対して、1.8-2gの食塩を加えてよく混ぜてください!

この配分が大事です!

この配分で作った食塩水を生理食塩水といいます。

生理食塩水って何?

生理食塩水とは、体液とほぼ等張の食塩水で、濃度としては0.9%です。

医療ではかかせないもので、医療関係者は生食(せいしょく)と言っています。

用途としては、点滴で使うことはもちろん、手術や傷の洗浄や鼻洗浄など多岐にわたり、医療機関で1番使われる薬剤ではないでしょうか。

0.9%の食塩水の何が大事なのかというと、体液とほぼ同じなので、傷口にかけても鼻洗浄に使っても痛くないんです!

さっきの過程は、この生理食塩水を作っていました。

これで洗浄液(生理食塩水)は完成です!

鼻うがいのやり方

20160214133752

片方ずつ行います。

頭を後ろに傾け、片方の鼻を指で塞いで、ゆっくり入れていきます。

そして飲み込まずに口から出しましょう!

1日2回、朝と夕方帰宅後にやるのがオススメです。

1日に何回もやると粘膜を傷つけてしまうので、最大でも3回までにしましょう!

すっきりするので、花粉症の方はぜひ!

蓄膿症(副鼻腔炎)の方にもオススメです。

まとめ

鼻うがいは生理食塩水でやれば全く痛くないです。

鼻うがいはお金もほとんどかからないので、ぜひやってみてください。

Sponsored Link