カタール航空でイタリアのベネチアまでやってきた!【JGCにもおすすめ!】

Sponsored Link

新婚旅行でイタリアにやってきました!

今回の旅は旅行会社などは使用せず、自分で手配しました。

今回はイタリアまでの道のりについて記事にしました。

カタール航空にした流れ

なぜカタール航空にしたかは過去の記事も参照していただけたらと思います。

新婚旅行(イタリア)をカタール航空にした理由!

2017.01.10

簡単に振り返ると…

ぼくが選んだポイントはこの3つでした!

  • ビジネスクラスでサービスが良いところ
  • 価格も高すぎない
  • one worldのマイルが貯まる

サービスは中東系が1番よく、価格も安いのに惹かれました。

また直行便やヨーロッパ経由は所要時間も短く良いのですが、着く時間が早朝などが多かったです…

one worldのマイルが貯まるところは、フィンエアーやブリティッシュエアー、カタール航空などでした。

価格はフィンエアーやブリティッシュエアーは1人あたり60-70万円かかるのに対し、カタール航空は25-30万円(セールだともっと安い)と半分以下でした。(ビジネスクラスの話です。)

以上から、ぼくはカタール航空のビジネスクラスでイタリアに行くことへ!

実際どうだったか?搭乗記!

JGCに向けてFOPをためているため、JGC修行の形で書いてみました!

ちなみにインターネット上では1-4週間程度マイルがつくまで時間がかかると記載されていましたが、ベネチアに着いたその日のうちに加算されていました。

たまたま運が良かったのかな?

JGC修行第5回 成田-ドーハ, ドーハ-ベネチア 9,660FOP

成田-ドーハ 6,420FOP

まずは成田空港へ

今回は京成線のスカイライナーに乗って向かいました!

動いている電車を撮影したため、ブレてしまいました…

40分くらいで成田空港へ着きました。意外と早く着いた印象で、結構便利だなーと思いました。

空港ですぐにチェックイン。もちろんビジネスクラスなのでほとんど並びませんでした。

カタール航空はone world系なので、ラウンジはさくらラウンジでした。久々の国際線ラウンジも堪能。

また別記事で紹介します。

そして飛行機に乗り込みます!

残念ながら搭乗した飛行機は、出発前も到着後も撮るチャンスがなくて撮れませんでした…

機内に入って、ビジネスクラスの席はこんな感じでした。

えぇ、広すぎましたよ。窓3つ分が1人のスペースって…

席に着くとすぐに英語で飲み物を聞かれます。当然のようにシャンパンをオーダー。

その後離陸し、機内でのご飯ですが、空港で普通にご飯を食べたので、軽食にしました。

最後の日本食!と思い、握り寿司を注文。

青いのは機内の照明のせいです。

帰国したらLightroomで修正します。

その後、就寝して起きたらドーハの近くまで来ていました。

現地時間の朝4時半頃に到着です。

ドーハ-ベネチア 3,231FOP

ここからは帰国後に書き足します。

ここまでの搭乗記録

表にするとこんな感じ!

日付 経路 FOP 合計 (JAL搭乗分)
1月2日 初回ボーナス 5,000 5,000 5,000
1月2日 羽田-石垣 1,468 6,468 6,468
1月4日 石垣-那覇 296 6,764 6,764
1月5日 那覇-羽田 984 7,748 7,748
1月14日 羽田-那覇 2,072 9,820 9,820
1月14日 那覇-羽田 2,860 12,680 12,680
1月21日 羽田-那覇 2,860 15,540 15,540
1月21日 那覇-羽田 2,860 18,400 18,400
2月11日 羽田-那覇 1,672 20,072 20,072
2月11日 那覇-羽田 1,672 21,744 21,744
2月11日 羽田-那覇 1,672 23,416 23,416
2月11日 那覇-羽田 1,672 25,088 25,088
3月12日 成田-ドーハ 6,429 31,517 25,088
3月13日 ドーハ-ベネチア 3,231 34,748 25,088

50,000FOPまであと15,252FOPまできました!

帰国の分も今後加算されるのであとちょっと感じですね。

ちなみに往復で20万円くらいだったので、10.4円/FOPくらいでした。

まとめ

無事にベネチアまで着きましたー!

カタール航空のサービスは本当に良かった。JALのビジネスクラスより明らかに良かったです。

ヨーロッパ行くときは今後も利用すると思います。

ちなみにJALのホームページを見たらカタール航空に乗った分が加算され、JMBクリスタルに変わっていましたー!

これがどの程度のことなのか、実はあまりわかっていないので、帰国したらいろいろ調べてみようと思います。

Sponsored Link