小児科医が使っている本たち-NICU-

Sponsored Link

今回から各分野の本をお勧めしたいと思います。

まずは大事なのは新生児です。

立ち合いもあるし、専修課程ではNICUの研修もあるので。

教科書的なもの

新生児学入門

オススメ度☆☆☆☆

そんなに分厚くなく、日本語で書かれているため、NICUをまわったときは何回も読み直していました。

ロバートン新生児集中治療マニュアル

オススメ度☆☆☆ 

個人的には読んでいましたが、10年以上前に出版されておりやや最新のデータにかけるため、評価は☆3としました。

臨床で使える本たち

NICUマニュアル

オススメ度☆☆☆☆☆

新しく改定されましたね。この本は以前まではカラーではなく読みづらかったのですが、新しくなり、見やすくなりました。

最新NICUマニュアル

オススメ度☆☆☆☆ 

これは京都府立医科大学のNICUマニュアル。これは非常に読みやすいので好きです。

新生児診療マニュアル

オススメ度☆☆☆☆

これは神奈川県立こども医療センターが編集しています。

ハンドブックサイズで白衣に入るので、いつでも確認できます。

 

時間経過で診るNICUマニュアル

他にも横浜市立大学が編集しているものもありますが、個人としては持っていないので評価していません。

まとめ

個人的に好きな本たちは上記です。

最新NICUマニュアルは京都府立医大、新生児診療マニュアルは神奈川県立こども医療センターが編集しており、施設の差も感じられます。

個人的にはNICUマニュアルが使いやすいので☆5個としました。

NICUに関しては、一般小児科でも関わることが多いのでいろいろな本があって良いですね。

参考にしていただければと思います。

小児科やNICUの当直や外来バイトでも活躍するかと思います。

ちなみに外勤やスポットを探すサイトは適当に登録すると大量にメールが来たり、個人情報が漏れたりなど大変です。

先輩から教えてもらったところは、適度に情報を教えてくれて、個人情報は守っていてくれているので、おすすめです。

よかったら登録してみてはどうでしょうか?

Sponsored Link