産業医って何?

Sponsored Link

産業医という言葉をご存知でしょうか?

以下のサイトより引っ張ってきました。

産業医とは|日本医師会・認定産業医サイト

産業医とは、事業場において労働者の健康管理等について、専門的な立場から指導・助言を行う医師を言います。労働安全衛生法により、一定の規模の事業場には産業医の選任が義務付けられています。

難しいですねー

一言で言えば、企業にいる医師などのことです。

ぼくたちは臨床医という立場で、病気を治療することがほとんどなのですが、産業医は病気を未然に防ぐ予防医学の方に重点が置かれます。

産業医のなり方

産業医は医師の誰もがなれるわけではなく、以下の要件を満たすものが産業医となることができます。

  1. 労働者の健康管理等を行うのに必要な医学に関する知識についての研修であって厚生労働大臣の指定する者(法人に限る。)が行うものを修了した者
  2. 産業医の養成等を行うことを目的とする医学の正規の課程を設置している産業医科大学その他の大学であって厚生労働大臣が指定するものにおいて当該課程を修めて卒業した者であって、その大学が行う実習を履修したもの
  3. 労働衛生コンサルタント試験に合格した者で、その試験の区分が保健衛生であるもの
  4. 学校教育法による大学において労働衛生に関する科目を担当する教授、准教授又は講師(常勤勤務する者に限る。)の職にあり、又はあった者
  5. 前各号に掲げる者のほか、厚生労働大臣が定める者

産業医の資格は以前から興味があったのですが、時間がないため、資格を取らずにいました。

最近仕事にも余裕が出てきたため、産業医の資格を取ることにしました。

産業医科大学出身以外は上記の要件を満たすためには以下の方法で取得することになります。

  1. 産業医科大学や自治医科大学などが行っている短期集中講習会で取得する。
  2. 日本医師会の講習会をコツコツとこなし、単位数を取得する。
  3. 労働衛生コンサルタント試験を受け、合格する。

 

産業医科大学や自治医科大学などが行っている短期集中講習会で取得する。

まとまって時間がとれる方にオススメでしょうか。産業医科大学の講習会の日程はホームページで公開しています。

産業医科大学|産業医学基礎研修会集中講座

この集中講座の欠点は6日間かかるため、時間のない方は夏休みを利用して取得するしかないようです。

日本医師会の講習会をコツコツとこなし、単位数を取得する。

こっちに関しては、1と逆で、まとまって時間が取れない方にオススメとなります。日本医師会の講習会をコツコツ受け、単位数を取得します。

東京都医師会:医師会員のみなさまへ:日本医師会認定制度:産業医制度:研修会開催スケジュール一覧

この講習会の最大の欠点は産業医前期講習会の数が少ないことでしょうか(東京都医師会でも年1回みたいです)。また、医師会に所属していないと講習会の費用もそれなりにかかってしまうようです。

労働衛生コンサルタント試験を受け、合格する。

いろいろと調べてみましたが、産業医の資格を持っていないと合格するのが難しい様です。

産業医の資格取得について – 4月から臨床研修医になります。そこで、産業医の… – Yahoo!知恵袋

じゃあ、労働衛生コンサルタントの資格っていらないじゃんとなりますが、この資格を持っていると産業医の更新が必要なくなるようです。

まとめ

現実的な取得方法は講習を受けて、単位数を獲得することなのかなと個人的には考えました。

まとめてとることに関してはそんな連休が取れないので、コツコツと取得することにしました。

コツコツと取得するのは、ネット上ではあまり記載がなく、費用と時間がどれくらいかかるのか未知数なことも多いですが、少しずつ単位を取得していきたいと思います。

Sponsored Link