検査陽性でも実は違うかも!?溶連菌感染症のよくわかる話

Sponsored Link

インフルエンザの流行もピークを超え、溶連菌感染症が流行り始めてきました。

子供だけではなく、大人も春から夏にかけてよくかかる感染症です。

今回は溶連菌感染症についてのお話。

溶連菌感染症とは

まず溶連菌とは、血性鎖球の略語です。

この溶連菌に感染した状態を溶連菌感染症といいます。

どんな感染があるの?

みなさんは何となく喉の感染症というイメージがあると思いますが、実はいろんな感染をします。

咽頭炎、扁桃炎、中耳炎、下気道炎、猩紅熱(しょうこうねつ)、食中毒、皮膚軟部組織感染症、感染性心内膜炎、劇症型溶血性レンサ球菌感染症(いわゆる人食いバクテリア)など

急性扁桃咽頭炎が最もよくみられる感染症ですが、人食いバクテリアになってしまい、死亡することもあります。

今回は急性扁桃咽頭炎について、詳しくお話していきます。

急性扁桃咽頭炎

どんな症状?

発熱と咽頭発赤や咽頭痛(のどが痛い)という症状で発症します。

咽頭炎のうち、溶連菌は小児の20-30%、成人の5-15%を占めています。

1-2歳の子供は扁桃腺が発達していないので、ほとんど感染しません。(保菌している子はいます。詳しくは後ほど)

のどはこんな感じ

image

ピンボケですが、扁桃が赤く腫れていて、白いものもあります。これは白苔(はくたい)と呼ばれる膿です。

どうやって診断するの?

迅速抗原検査という簡単に判別できるキットがあります。

特異度が95%あるので、陽性であれば精度は高いです。

治療は?

多くの場合は、ペニシリン系のアモキシシリンという抗生物質を10日間服用します。

よくセフェム系5日間でも代用されますが、セフェム系は耐性菌の問題もあるため、溶連菌感染症ではもらわないほうがよいです。

ちなみにペニシリンアレルギーの方はマクロライド系が処方されます。

登園、登校は?

抗生物質を飲み始めて24時間経てば、周りに広めるおそれはないので、熱が下がっていれば、登校可能です。

検査陽性だった!でも溶連菌感染症じゃないことも!?

「検査陽性だった。保育園でも流行ってたし、やっぱり溶連菌感染症かー。」と思ったら、実は違うこともしばしばあります。

その理由は、子供の5-10%は溶連菌を保菌しているから!

保菌とは「のどに溶連菌はいるけど、のどの腫れなどの悪さをしていない状態」です。

この状態は抗生物質を飲む必要がないです。

「保育園で溶連菌が流行っているので検査してください」とよくいわれるのですが、喉の所見がない(発赤や腫脹がない)子に迅速検査をしても意味ないです!

保菌者ののどには悪さはしてないけど溶連菌はいるので、迅速検査をすれば当然陽性になります。

陽性だとただの風邪にもかかわらず、無駄に抗生物質を10日間飲むことになります。

これってすごくもったいないことですよね。

「保育園で流行っています。(喉に所見がないけど)検査をしてほしい」は、「陽性になったら無駄に抗生物質を飲みたいです!」と同じこと。

残念ながらお医者さんでも知らない人が多くいます。

「とりあえず流行っているから溶連菌の検査しましょう」なんていう先生は、気をつけましょう!

まとめ

溶連菌はここから流行します。

が、保菌者も多い!

小児科医院やクリニックに受診するときは、「溶連菌が流行っているから検査をしてください!」というのではなく、検査されそうになったら「のどに所見があるんですか?」と聞いたほうが、子供のためですよ。

もちろん所見があれば検査してもらってくださいね。

Sponsored Link