自分の親知らずを抜いてもらってわかった7つのこと

Sponsored Link

今日、じぶんが働いている病院で親知らずを抜きました!

ぼくも歯科のことはよくわからなかったので、この機会に勉強してまとめ。

ちなみに写真はぼくのレントゲンです(笑)

どこの親知らずを抜くべきかわかりますか?

 

親知らずってなに?

親知らず(おやしらず)とは、大臼歯(奥歯)の中で最も後ろに位置する歯のことです。

正式名称は第三大臼歯で、智歯(ちし)とも呼ばれています。

親知らずは前歯から数えて8番目にあって、永久歯(大人の歯)の中で最後に生えてきます。

永久歯は通常15歳前後で生え揃いますが、親知らずの生える時期は10代後半から20代前半で、親に知られることなく生えてくる歯であることが名前の由来と言われています。

 

親知らずっていらないのになんで生えてくるの?

知人の歯科医師に聞いて教えてもらいました。

  • 人間が原始人(クロマニョン人)だったときはアゴが大きかった
  • 栄養状態も現代より悪かったため、1つ1つの歯も現代人と比較し小さかった

上記の2つがあったため、原始人のときは親知らずが生えるスペースがあったんだそうで。

人間の進化に伴いアゴは小さくなり、栄養状態も良くなったことで、親知らずが生えるスペースがなくなってしまいました。

なので、現代人は変な生え方をしているのであれば抜歯をするべき!

 

どんな生え方だと歯を抜くべきなのか?

答えは簡単、変な生え方をしているときです。

例えば、斜めや逆向きに生えている場合。

他の歯や感染症のリスクが出てくるため、症状がなくても抜いたほうが良いとのこと。

ぼくの場合
20160310213535

ぼくの場合、写真で見ると横に向いて生えています。

症状はなかったのですが、ぼくもほっとくと、虫歯や隣の歯を圧迫して痛みが出たりしたかもしれません。

ちなみにぼくは上の親知らずの歯も抜いています。

写真で見るとそんなに変な生え方ではないのですが、この親知らずは頰(ほお)側に出ているんです。

「下の歯を抜くので、上の歯は邪魔になるものがないから、どんどん伸びてしまう。」といわれ、抜きました。

せっかくなので、抜いた歯を写真で撮らせてもらいました。(笑)

黄色いですが、歯の中にあるから白く見えるだけで、みんなこんなもんなのだそうで…

20160310210305

 

抜いたとき痛いの?

しっかりしたところでやれば、全く痛くありません。

ぼくは後輩の歯科研修医にやってもらいましたが、治療中は全く痛くなかったです。

局所麻酔で十分でした。

ただし!あくまで局所麻酔が効いている間は!

 

局所麻酔が切れると…

めちゃめちゃ痛いです!

そんなに痛くないだろうと思い、親知らずを抜いた後、痛み止めを飲まずに仕事をしていました。

麻酔が切れてくると(治療してから2-3時間)、徐々に痛みが強くなり、完全に切れたときは話すこともできなくなるくらい痛かった!

急いで、薬局に痛み止めを取りに行きました。

 

ロキソニンは痛み止めとしては最高!

ロキソニンってすごいですね。

あんなに痛かったのに、飲んでから15分くらいで全く痛みがなくなりました!

 

費用は?

親知らずを抜く場合は保険適応なので、ぼくは2本抜いて、7000円程度。

そこまで費用はかかりませんでした。

 

まとめ

親知らずは変な生え方をしているなら、歯科医師に相談を。

あと痛み止めは、痛くなる前に飲んで良いので(ただし、服用間隔は守りましょう)、麻酔が切れる前に飲みましょう!(笑)

ロキソニン最高!数日は手放せないです。

Sponsored Link